藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓栄所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓栄会」公式ブログ 石取祭の山車
訓栄会・桑名支部の山本翠松さんの事は、前にも紹介いたしましたが、
(塗師六代目「山本翠松」さん 桑名市無形文化財技術保持者)
先日、翠松さんの仕事場へお邪魔してきました。
丁度、桑野の石取祭で曳かれる山車を、70年ぶりに塗り直しているところとお聞きし、見せていただいた。
台座の螺鈿細工がなんとも豪華でした。
なかなか機会のない山車の塗り直し作業を伝承するためにも、金沢で修行中の息子さんを呼ばれたそうです。
下の白鷺の絵は、息子さんが描かれたらしく、「腕が上がってきた」と目を細められていた翠松さんが印象的でした。
縺・@縺ゥ繧奇シ点convert_20130624154710
縺・@縺ゥ繧・_convert_20130624154951
isidori1_convert_20130624154858.jpg


桑名の春日神社の石取祭は、毎年8月第1土曜、日曜に行われます。
江戸時代初期に始まったものといわれ、祭車総数43台、全国的に見ても単一の神社、一神事でこれほどの山車が一堂に会する祭りは非常に珍しく鉦や太鼓を打ち鳴らし、「日本一やかましい祭り」と言われ、平成19年3月には「桑名石取祭の祭車行事」の名称で、「国指定重要無形民俗文化財」に指定されました。
関連記事
コメント
伝統文化 本当にすばらしい
2013/06/30(Sun) 14:37 | URL | 名無しさん | 【編集
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック